(©ニュースサイトしらべぇ)

人生の多くを費やす仕事だけに、資格などスキルを取得することや、会社の近所に住むなど、工夫をしている社会人は少なくない。

このことについて、とあるツイッターユーザーの投稿が多くの共感を集めている。

■「寝ることが正義」

投稿者であるトマルさん(@maru_maru_ir)は、社会人として身につけるべき最重要のスキルについて「寝る時間になったらすべての不安を忘れて寝ること」だと主張する。

睡眠をとることで状況が悪化したことは一度もないため、「寝ることが正義」だと語る。

そのためには、寝る前には何も考えず、ツイッターなどのSNSも閉じ、6時間睡眠を死守、夜10時から翌日2時はできるだけ就寝状態でいること、毎朝同じ時間に起きることが大切だという。

■「座右の銘にします」「その通り」

社会人にとってもっとも最強のスキルが「睡眠」だというトマルさんの投稿に、ネット上では多くの共感が寄せられた。

・寝る時間足りてないとまじでメンタル弱くなるし、仕事に集中出来なくなる

・ほんとうに、心の底から、その通りだと思います。寝ないことを強要される環境に慣れてもロクなことがないです

・座右の銘にします

・まさにそれ。睡眠時間削ってもいい仕事はできない

■睡眠不足の人が多い?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「睡眠時間」について調査したところ、「平均7時間以上」と答えたのは全体のおよそ3人に1人。

(©ニュースサイトしらべぇ)

多くの人は7時間未満の睡眠時間で生活しているようだ。中には、「仕事が忙しくて眠れない」という社会人もいるだろう。

慢性的な睡眠不足が続くと、思考力の低下や健康にも影響を及ぼすと言われている。人間らしくいるためにも、夜更かししたい気持ちを我慢して眠るべきなのかもしれない。

・合わせて読みたい→国民総「寝不足」時代!それでも夜ふかしを辞められない日本人

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

「社会人が身につけるべき最重要スキル」が話題 「まさにそれ」と共感が相次ぐ