独・ダイムラーが先頃発表した新型「メルセデス・ベンツ Aクラス」の4ドアセダン「Aクラス セダン」。

詳細画像はこちら

同社が今春、中国で発表した「AクラスLセダン」(ロングホイールベース仕様)の標準ホイールベース版で、スリーサイズは全長4,549mm×全幅1,796mm×全高1,446mm。

ホイールベースはハッチバックモデルと共通の2,729mmで、トランク部の追加に伴い空力性能が向上、Cd値は量産車の中でもトップクラスの「0.22」となっています。

詳細画像はこちら

「A200」には1.3L直4ガソリンエンジン(163hp/250Nm)、「A180d」には1.4L直4ディーゼルエンジン(116hp/260Nm)をそれぞれ搭載。7速デュアルクラッチ「7G-DCT」を組み合わせています。

詳細画像はこちら

個性的なマルチビームヘッドランプには電子制御で個別に作動する18個のLEDを内蔵。交通環境に合わせてリアルタイムに正確な配光を提供。

詳細画像はこちら

ホイールは16-19インチをラインナップ。

標準装備のアクティブ・ブレーキ・アシストは、車両や自転車、歩行者が前方を横切った際に、衝突を回避。同じく標準装備のアクティブ・レーンキープ・アシストは60-200km/hの速度で走行中に車線を逸脱した際、ステアリングホイール振動によりドライバーに警告するとともに、車両を車線内に戻します。

詳細画像はこちら

ダイムラーによると、新型「Aクラス セダン」はメキシコ工場とドイツ工場で生産するそうで、今年末とみられる同車の発売が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像:Mercedes-Benz)

独・ダイムラーが年末に発売予定の新型Aクラス 「セダン」はこんなクルマ!(http://clicccar.com/2018/08/13/618395/)