1Aとは思えない美技が炸裂、ファン喝采「魔法を信じるかい?」

 米大リーグのマイナーで二塁手が圧巻の“ノールック背面トス”を炸裂。1Aとは思えない美しい芸術的プレーを披露した謎の名手の正体とは――。

 圧巻の美技だった。マリナーズ傘下1Aアクアソックスが公式ツイッターで1本の動画を公開している。

 走者一塁で打者が放った打球が二遊間を襲う。これに二塁手が反応。足から滑り込みながら捕球したが、バウンドが変わった弾みで体勢が二塁ベースに背を向ける形になった。しかし、次の瞬間だ。二塁手は向き直ることなく倒れ込みながら、ポイッと背後に右手でトス。これが綺麗に遊撃手に渡り、封殺したのだ。

 到底、1Aとは思えないようなスーパープレー。いったい、誰なのか。二塁手が大写しになると見覚えのある顔が……。ロビンソン・カノだ。メジャーでゴールドグラブ賞を2度受賞している名二塁手は薬物規定違反により今年5月から80試合の出場停止処分が科せられ、1Aで試合出場していたのだ。

 さすがのプレーをアクアソックス公式ツイッターが動画付きで公開すると、ファンから「とてもアメージングなプレー」「魔法を信じるかい?」「なんてプレーだ」「これは頭がおかしい」「ちくしょう、これはナイス」と喝采が沸き起こっていた。来週中にもメジャー復帰できる見通しのカノ。状態は万全のようだ。(THE ANSWER編集部)

1Aでスーパープレーをみせたロビンソン・カノ【写真:Getty Images】