ハワイアクティティと言えば、キラキラ美しいビーチやマリンスポーツイメージが強いですが、ハワイ最大の魅といえば山や雄大自然を楽しめるところです。
最近では、ローカルアメリカ本土、ヨーロッパからの旅行客にハイキング大人気。
豊かな自然の中を歩く気軽なハイキングコースから、上級者向けハイキングコースまで充実しています。
ハイキングのりや山頂から眺める色は、達成した人にしか味わえない絶景です!
ビーチは行き尽くしたリピーターの方にも楽しんでいただける、ハイキングコースを3つご紹介します。


大自然を感じる!マノア・フォールズ・トレイル




ローカルの間ではハイキングコースの定番となっているマノアフォールズ・トレイル。
海外ドラマ「LOST」映画ジュラシック・パーク」のロケ地でもあります。
ワイキキから20分ほどの位置にありながら、熱帯ジャングルを進みマノアす片30分ほどのハイキングコースとなっています。
い砂」のイメージとは全く違うハワイを感じられます。

ジャングルの先には壮大な滝



ハイキングコースジャングルのように深い山を進みます。
自然のスケールの大きさや美しさを感じられると思います。
また、「」と呼ばれるマノア地区はが降ることが多く、ワイキキ晴れていてもが降っていることが多いです。
途中、急勾配やぬかるんだ場所もあるので、ビーチサンダルではなくスニーカーで行きましょう。

までののりは様々な植物美しい森林風景を楽しめます。
ハイキングコースの中間にある「バニヤン・ツリーアーチ」も見所のひとつ。
ゴールにはマイナスイオンたっぷりのマノアにたどり着きます。
量は、量によって変わりますが、前日にが降っていると量のある美しい壮大なを見られます。
心地良いしぶきと、、木やからでるマイナスイオンで癒されてください♪


ハナウマ・ベイを上から眺めるハナウマ・ベイ・リッジトレイル




ハナウマ・ベイと言えば言わずと知れたハワイ随一のシュノーケリングスポット。
その自然保護区として厳重に管理されている、透明度抜群のハナウマ・ベイを上から眺められるハイキングコースがあります。片30分程度で舗装された歩きやすいを進むので、お子様連れの方や体に自信がない方にもオススメのハイキングコースです。

片道30分のイージーハイキング



このハイキングコースは、ハナウマ・ベイの公園入り口手前にあるバス停横の小から入っていきます。
普段ゲートは閉まっていますが、でも入れます。
快適な舗装されたを進みながら、横ハナウマ・ベイやハワイカイマリーナ、後ろにはココヘッドを眺められます。
なだらかなを進むので、ゆっくり自分のペースで進めます。
上に向かっていくほど、強にあおられるので小さいお子様や持ち物が飛ばされないように注意が必要です。

頂上付近のTVアンテナ付近まで行くと、ハナウマ・ベイを上から見渡せる絶景が待っています。
何と言ってもハナウマ・ベイのさには圧巻です。
遠くにはダイヤモンドヘッドワイキキホテルも見えます。
ダイヤモンドヘッドのように混雑もしておらず、ローカルの人が散歩トレーニングに使っているコースなので、このコースを知っていたらハワイ上級者間違いなしですよ。


上級者にオススメ!ココヘッド・トレイル




最後にオススメしたいのが、ココヘッド・トレイル。
ハナウマ・ベイのすぐ後ろに雄大にそびえ立つココヘッドを登頂するハイキングコースです。
このハイキングコースはひたすら頂上に向かってケーブルカーのレール跡を片50分ほどかけて登っていくという、ローカルの間でも難易度高めのハイキングコースとなっています。
それでもおすすめしたい理由は、なんと言っても360°パノラマ色!
過酷なハイクを達成した人にしか味わえない、絶景が待っています!

頂上には、ハワイを一望できる絶景が!



このトレイルは、直線で急勾配の1048段に及ぶ階段をとにかく登っていきます。
また、背の高い木がほとんどなく、日陰がありません。
太陽が照りつけるため日中はかなり暑くなるので十分な分補給ができるように準備が必要です。
休憩できるような広いスペースがあまりないので、疲れたらに外れ自分のペースで休憩しながら進んでいきましょう。

ラストパート、さらに急な傾斜の手前には地面のない部分が出てきますが、手をつきながら登ることをおすすめします。
それでも怖い方にはルートもあります。
ここを乗り越えれば頂上はすぐ。
頂上には360°パノラマハワイ色が待っています!
ハナウマ・ベイ、ハワイカイの町並み、遠くにはダイヤモンドヘッドも眺められます。
最後まで諦めずに達成した人にしか味わえない絶景を味わってみてください。
ハワイリピーターにオススメ! ハワイの絶景を眺めるハイキングコース3選