ITライフハック

佐川急便のWebサービス、ネット上から集荷依頼をかけたり、不在時の再配達を頼んだりと、何かと便利で使っている人も多いのではないだろうか。その佐川急便からのメールに読み間違えるよう巧みにタイトルを偽ったフィッシングメールが出回っているようだ。ここ数日、ユーザーからの問い合わせ等があったようで佐川急便も注意を呼びかけている。

以下に内容が似たメールが届いて特定のURLに誘導しようとしているので絶対にリンクをたどらないように注意してほしい。佐川急便以外のこともあるようなのであやしいメールは要注意だ。

事例1)
「件名:佐川メール配信センター
お届け先不明のため、ご確認をお願いします。
現在、お客様宛のメール便をお預かりしておりますが、お届け先不明の為、
配達先確認をお願い致します。大変お手数ではございますが、下記記載の
URLをクリック頂き配達先確認をお願い致します。
配達先確認URL http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
ご確認の時間帯により、アクセス過多が予想されます。
その場合はしばらく経ってから再度アクセス頂きます様お願い申し上げます。
尚、本メールと行き違いにて配達完了となった際はご了承くださいませ。」


事例2)
「件名:佐川ROYALメール便
現在、お客様宛のメール配送便をお預かりしております。
配送先のご確認が必要となっておりますのでお手数ではございますが、
下記よりアクセスの上、配送確認をお願い致します。
本メール配送便に関しまして、お届け先不着の状態ですとお届けが出来ませんので
ご注意下さいませ。
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX」


事例3)
「●●●●様より、お荷物を預かっております。
詳細をご確認いただき、お手続きを行なってください。
http://xxxxxxxxxxxxxxxxxxx
お荷物No.○○○○○○○○○○
※本メールに心当たりのない方は下記までご連絡ください。
xxxxxxx@xxxxx.xx.xx    サガワ急便」


togetter:みんな気をつけて!佐川を装った「佐川メール配達センター」から、配達先確認を要求する悪質な迷惑メールの被害が続出

ちなみに佐川から確認メールが来ないのかといえば、これが来ることがある。およそ半年ほど佐川のWebサービスを使わずに放置していたら、つい先日、佐川のWebサービスの利用確認のメールが届いた。送信者のメールアドレスをチェックするなどして“本物の佐川”からかどうかをチェックするといいだろう。


■佐川急便からのお知らせ
■佐川急便Webサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

全文を表示