9月6日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震により内全域が停電した影で、“キャッシュレス”の人たちが苦しい状態に陥ったことが話題となった。

地震のあった6日、「はてな匿名ダイアリー」へ投稿された「電子マネー北海道民だけど積んだ」(原文ママ)というエントリでは、「現を一切持っていなかった」ユーザーが、停電のため何も買えないことを報告。「現持っとくんだった」とボヤいていた。

電気が止まれば、電子マネーはもとより、クレジットカードデビットカードも使えないうえ、銀行ATMから現を引き出すこともできなくなる。最近ではキャッシュレス化が推し進められていることもあって、現をあまり多く持ち歩かない人も多数。前出エントリのユーザー同様、困ったというが数多くあがって話題になり、SNSでは“現を持ち歩くことの大切さ”が見直されている。

「現を持ち歩く方がいざという時のためになりそう」「やはり現は必要だな」といったや、キャッシュレス化を強引に推し進めることに疑問のがあがるなか、日本海外べてなかなかキャッシュレス化が進まない理由として、こういった災害が多いゆえの知恵だったのでは……という意見も。

また今回、北海道の地元コンビニセイコーマート」では、停電中でも非常電キットにより営業、レジを動かしていたことが称賛されている。非常時に電の供給が止まっても対応できる営業体制と決済システムの必要性、そして現の備えの大切さは、めて多くの日本人が痛感したのではないだろうか。

賀 太)

■関連リンク
電子マネー北海道民だけど積んだ‐はてな匿名ダイアリ
https://anond.hatelabo.jp/20180906070228

北海道震度7地震】キャッシュレス決済、災害に脆さ 停電カードなど使えず‐産経新聞
https://www.sankei.com/economy/news/180908/ecn1809080016-n1.html

神対応停電でも営業続けた地元コンビニに賞賛の北海道地震】‐FNN
https://www.fnn.jp/posts/00359920HDK