「愚行」で後味の悪さが残る大会だった。

 U18アジア選手権の決勝戦が10日に宮崎市内で行われ、韓国が延長タイブレークにもつれ込む大戦の末、台湾に7-5で接戦を制して2大会ぶり5度の優勝を飾った。


 問題の行動は試合後だった。韓国ナインはマウンド付近でペットボトルを掛け合うウォーターシャワーで喜びを露にすると、ペットボトルやグラブを次々と放り投げた。その後に両チームが本塁前で挨拶をかわしたが、なんと韓国ナインは片づけずにそのまま一塁ベンチへ引き上げていった。韓国の首も注意しない。試合後には閉会式が予定されていたため、運営スタッフが散乱したペットボトルとグラブを拾い集める事態になった。

 この韓国代表の振るまいにネット上では怒りのが殺到。「個々のが高いことは認めるが、マナーとして最低。優勝を祝福する気持ちも起こらない」、「選手だけでなく、なぜ導者も注意しないのか。モラルがなさすぎる。組織関係者は大人として韓国選手に礼儀を教えるべき」と摘するが多く、中には「来年に釜山で行われるU18W杯韓国の出場権を剥奪するべき。感情論でなく他に失礼すぎる。スポーツマンシップのかけらもない。地元開催だけど出場できないぐらいのペナルティーを出さないと善しない」と手厳しい意見もあった。

・合わせて読みたい→
韓国人選手のプレーに批判殺到 大阪桐蔭・中川が激怒したラフプレーとは?(http://cocokara-next.com/stress/criticism-in-the-play-of-the-korean-players/)

 喜びのあまりを忘れて片づけまで気が回らなかったかもしれない。だが、選手は一人として気づかなかったのか。また、導者も注意するべきだった。

 韓国日本と同様にアジア野球としてもがその強さを認めている。だが、強くても礼節や常識を欠いた行動では信頼を失う。日本反面教師にすると共に、韓国も今回の行動を反して襟を正さなければいけない。

健康ダイエット運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「韓国の出場権を剥奪するべき」 U18決勝戦後の愚行に怒りの声が殺到