PMJの加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」(写真提供:Getty Images)

 10月から施行されるたばこ税の増税を踏まえ、たばこメーカー各社は、紙巻きたばこ・加熱式たばこなどの各商品を10月1日から値上げすることを相次いで発表した。

【その他の画像】

 「メビウス」「マールボロ」「ケント」シリーズなど定番の紙巻きたばこや、「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom TECH(プルーム・テック)」といった人気の加熱式たばこの価格はいくらになるのか。各社が値上げする銘柄をまとめた。

●JTは150銘柄を10~100円程度値上げ

 日本たばこ産業(JT)は、紙巻きたばこ122銘柄と加熱式たばこ「プルーム・テック」7銘柄を含む計150銘柄を10~100円程度値上げする。

 対象となる紙巻きたばこは、「ナチュラル アメリカン スピリット」(480円→520円)、「セブンスター」「ピース(20本入り)」(ともに460円→500円)、「メビウス」(440円→480円)、「キャメル」(380円→400円)など。

 対象となるプルーム・テックの銘柄は、「メビウス・ミックス・グリーン・クーラー・フォー・プルーム・テック」「メビウス・レギュラー・フォー・プルーム・テック」などで、460円から490円に値上げされる。

 このほか、葉巻1銘柄、パイプたばこ3銘柄、刻みたばこ3銘柄、嗅ぎたばこ14銘柄も値上げの対象となる。

●PMJは91銘柄を10~40円程度値上げ

 フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は、紙巻きたばこ82銘柄と加熱式たばこ9銘柄を10~40円程度値上げする。

 対象となる紙巻きたばこは、「マールボロ」(470円→510円)、「ラーク・スーパー・5mg・100 ボックス 」(420円→450円)、「パーラメントKSボックス 」(450円→490円)、「バージニア・エス・デュオ・メンソール 10's」(230円→240円)など。

 「ラーク・スマートプラス・1mg・ボックス」(390円)など4銘柄の価格は据え置く。

 対象となるアイコスの銘柄は、「マールボロ・ヒートスティック・レギュラー」「マールボロ・ヒートスティック・メンソール」などで、460円から500円に値上げされる。

●BATJは93銘柄を20~40円程度値上げ

 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は、紙巻きたばこ76銘柄と加熱式たばこ17銘柄を20~40円程度値上げする。

 対象となる紙巻きたばこは、「ケント・1・200・ボックス」(420円→450円)、「ダンヒル・ライト」(460円→500円)、「クール」(450円→480円)、「ラッキー・ストライク・ボックス」(460円→500円)など。

 「ラッキー・ストライク・エキスパート・カット」シリーズ6銘柄は値上げ対象外。

 対象となるグローの銘柄は、「ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ」(420円→460円)、「クール・ネオスティック・ブースト・ミント」(450円→490円)など。

●増税は段階的に

 新税制では、紙巻きたばこを2018年、20年、21年に1本当たり1円ずつ値上げするほか、加熱式たばこの税率を今後5年間で段階的に引き上げ、紙巻きたばこの7~8割程度まで高めることが定められている。

●JTが値上げするたばこ一覧

●BATJが値上げするたばこ一覧