Credit: Newcastle University
Point
・アタカ溝の底8065メートルで新種のクサウオ3種がみつかる
・体はゼラチン状で高い圧と低温環境に適応しており、地表にあげられると溶けてしまう
・多くの映像記録や写真が撮られ、生体サンプルも回収に成功し、現在解析中

宇宙より行くのが難しいとされる深海海底数千メートル溝では地上の数千倍もの圧がかかっており、棲んでいる生き物たちもに包まれたものばかりです。

イギリスニューキャッスル大学によると、10日、世界級に深いペルーとチリ合の海底で、透明で鱗のない、まるで「幽霊」のような新種のが3種釣り上げられました。

このが発見されたのは、アタカ溝の底8065メートル海底にはカメラなどによって動画撮影による探索が行われ、小エビのような端脚類や、足の長い等脚による驚くほど活発な生態系が見つかりました。

しかし、この探索のハイライトは、なんといっても3種の新しいクサウオ科のたち。現在は、それぞれピンクブルーパープルタカマ・スネイルフィッシュと呼ばれています。色とりどりの命名は、何だか戦隊モノのようですね。

Credit: Newcastle University / 海底くぼんやりと浮かぶ姿は、まるで幽霊

この新種のたちは、典的な深海魚イメージと違ってとてもスタイリッシュ。例えば、深海魚によく見られるような巨大なや禍々しい格を持ちません。小さくて透明で、そして「鱗を持っていない」のです。

また、クサウオには深海に適応できる性質があります。他のの手の届かないところにいることで、競争相手や捕食者とは縁なのです。下の映像明らかなように、海底には脊椎動物の餌が豊富で、実はクサウオは捕食者として頂点にいます。

現在クサウオたちはかなり活動的で、栄養状態も良好なようです。体のゼラチン状の構造によって、極度な圧の環境璧に適応しています。実際最も硬い構造はバランスをもたらす内くらいです。しかしクサウオの構造を支える極度な圧温の環境の外では非常に脆く、面に引き上げられるとすぐに溶けてしまいます。

研究者たちはクサウオの一匹をなんとかで捕らえた後に地表へと送り、そのサンプルは現在解析中です。今後の研究で、この不思議な新種の達の生態や、過酷な環境に耐えられる仕組みが解明されるでしょう。

 

交尾でオスとメスが融合する!? 謎すぎるチョウチンアンコウの生態

 

via: ZME science , conferences/ translated & text by SENPAI

 

新種の「幽霊魚」が海底8065mで3種見つかる