総務省は、手紙はがきなど郵便物の土曜日の配達を取りやめ、平日のみとする方向で検討を始める。人手不足で配達員の負担が増えていることに対応。今後、有識者会議議論するが、利用者にとってサービス低下につながる懸念もあり、反発のが上がる可性もある。土曜日の配達をやめる場合は郵便正が必要となる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら