全オープンで優勝を果たしグランドラムを制覇した大坂なおみ選手に注が集まっている。これを受けて、ものまね芸人小坂なおみもクローズアップされている。

 小坂は、もともとは歌手志望で30歳を過ぎてから芸を志した遅咲きの人物である。2016年末に、顔が大坂に似ていると摘され、ものまね芸を始め、R-1ぐらんぷりにもチャレンジした。ただ、1回戦で敗退している。そのためネット上では、「この人誰?」「大坂ネタだけで食っていけんの?」といったが聞かれる。

名人ものまね芸人は数多いが、タレント歌手べてスポーツ選手系のタレントネタが限られる。本田圭佑ものまねブレイクしたじゅんいちダビッドソンや、イチローものまねで知られるニッチロー’などは、複数のネタを持たず、それ一本で勝負しているが、果たして食えているのだろうか。

 「ものまね芸人の活躍の場はテレビばかりではありません。営業仕事の方がメインと言えるでしょう。ショーパブで活躍するほか、結婚式や宴会の余といった仕事もあります。特にスポーツ選手系の場合は、好者の団体に呼ばれることもあります。さらに、スポーツネタは若者ばかりではなく中高年の男性にもなじみやすいので、競艇場やパチンコ店などの営業にも重宝されます。普通ものまね芸人よりも需要が広いともいえるでしょう」(放送作家)
さらに、スポーツ選手系のものまねには、意外な効果も期待できる。

 「コラボレーションですね。スポーツにおける実際の名シーンを再現したり、ありえないコラボを見せるなど、さまざまな魅せ方があります。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の名物企画だった『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』でも、夢のコラボレーションが実現していましたが、これはあらゆる場で応用がきくと言えるでしょう」(前出・同)

 大坂に続き小坂にも、良い結果が訪れることを願いたいものだ。

じゅんいちダビッドソ\ン