俳優滝沢秀明(36)と今井(36)によるユニットタッキー9月10日をもって解散したことが13日、わかった。同ユニットデビュー15周年を迎えた昨年9月をもって活動休止に入っていた。所属するジャニーズ事務所によると、滝沢は年内いっぱいで芸活動を引退し、同事務所タレント育成やプロデュース業など裏方の仕事に専念する。病気療養で3月末から活動を休止している今井事務所を退所し、治療を続けていく。

タッキー&翼のプロフィール

 2人は直筆の署名とともに連名でコメントを発表。「本日は私たち、滝沢秀明と今井から、今までタッキーを支えてくださった多くの皆さまへ大切なご報告をさせていただきたいと思います」と切り出すと、ユニットの活動休止から1年が経過したことにふれ、「これまでタッキー、そして滝沢秀明、今井を支えて下さった皆さまのご期待に応える活動を今後も継続していくことができるのか、自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、このたび、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキーは解散というを選ぶことにいたしました」と、2人の決断を伝えた。

 滝沢は今後について、「タッキーの解散をもって年内いっぱいで芸活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長タレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントプロデュースする仕事に専念することを決意いたしました」と報告。また、「これは、私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります」と以前から考えていた“裏方”のを歩むことを宣言。

 一方の今井は今年3月、メニエール病再発のため活動を休止し、治療に専念すると発表している。コメントでは、現在病気療養中の身であることを明かし、「まずは自分の身体としっかり向き合うため、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いもくした状態で病気し、心身ともに健康な状態になることに専念したいと思います」と決意。その後については「全くの白紙」としつつも、「自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたらめて皆さまにご報告できるように頑っていきたいと思います」と前向きにつづった。

 また、事務所社長ジャニー喜多氏もコメントを寄せ、「約1年の活動休止期間中に彼らが考え抜き、大人として決断したことを尊重したいと思います」と理解を示した。

 滝沢については「芸界を引退してジュニアの育成や私の舞台演出を手伝ってくれると聞き、本人にはプレイングマネージャー選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、このようなご報告となりました」と経緯を説明。

 今井についても「この数年間、体調不良仕事が思うように出来ない中、本人がつらい思いをしていたのを間近で見ておりました。責任感の強い彼にとって、仕事をしながら病気を治すことは難しく、何も背負うものがない状態で自分と向き合いたいと聞き、本人の希望を受け入れました」とし、「心身共に健康となった彼がまた活躍してくれる日が一日もく来ることを心から願っています」と思いをつづっている。

 タッキー2002年8月ユニットデビューを発表し、同年9月アルバム『Hatachi』でCDデビュー。以降、「Venus」「Ho!サマー」などヒット曲を多数発表。07年には日本テレビ系24時間テレビ30 地球を救う』のメインパーソナリティーを担当した。同年、初のベストアルバムタキツバベスト』をリリースし、オリコン1位を獲得している。

タッキー&翼、解散を発表