大阪府警富田林署で勾留中だった樋田淳也容疑者が面会室のアクリル板を壊して逃走した事件で、当時、留置場の管理を担当していた署員が「備品を水で洗っていたため、アクリル板を壊す音が聞こえなかった」などと説明していることが、取材で明らかになった。府警は監視が緩んだ隙に樋田容疑者が逃走したとみて調べている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

樋田淳也容疑者=大阪府警の手配書より