MMD研究所が9月10日、「2018年8月 モバイルデバイスシェア調」を発表。Androidの利用率がiPhoneの利用率を上回るという結果が話題になっている。

調は15~69歳の男女5000人を対2018年7月31日8月1日の期間で実施。メインで利用しているモバイルデバイスを尋ねると、「Android40.1、「iPhone35.2%、「ガラケー」18.1などという結果となり、僅差ながらAndroidが優位に立った。

スマホ利用者を対としたOSの割合では、「10代男性63.5と「10代女性72.5、「20代女性62.7と若年層ではiPhoneの利用率が高い傾向だったが、それ以外の層では、すべてAndroidの利用率がiPhoneの利用率を上回った。

続いて、メインで利用しているスマホブランドを聞いたところ、「Apple」46.7、「ソニーモバイル」14.9、「シャープ」12.1となった。男女別では、特に順位に変化は見られないが、Apple女性の利用が男性よりも多い傾向がわかった。

同研究所が2016年10月7日~10日の期間で実施した「2016年4月9月スマートフォン購入に関する定点調」(対者:2016年4月9月の半年間にスマートフォンを購入した15歳以上の男女624人)では、購入したスマートフォンOSは、「iOS」が64.6、「Android」が35.1だったことを考えると、Androidユーザーは増加傾向にあるといえそうだ。

ネット上には、かねてから“日本人iPhone好き”という定説があったことから、この結果が注を集め、iPhoneの牙が崩れるのも近いというも多数。さらに、Androidの利用率が増加している要因には、Android端末と格安SIMを組み合わせた「格安スマホ」が台頭してきたのではないか、キャリアによるiPhoneの一括0円販売がなくなった影などという見方もあがっている。

日本でも少しずつAndroidを選択する人が多くなっているという変化が明らかになっているが、このままAndroidユーザーが増え続けるのか。次期iPhoneともあわせ、今後のユーザーの動きが注される。

山中一生)

■関連リンク
MMD研究所「2018年8月 モバイルデバイスシェア調
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1737.html
MMD研究所「2016年4月9月スマートフォン購入に関する定点調
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1613.html