中国では中を歩いていると、をかぶって汚れているを見かける機会がある。長年放置されているというわけではないが、しばらくに乗らずに置いておくと中国ではすっかり汚れてしまうのが普通だ。

 こうしたの汚れは黄砂や大気汚染が原因であり、内陸部や工業地帯は特にチリが多いと言われている。マンションなどでもを開けっ放しにしていると付近に黄砂が積もるのが確認できるほか、大気汚染が深刻な日に外出すると鼻のの中がになってしまう。こうしたチリ、大気汚染物質がに降り積もるのだ。

 中国メディアの快資はこのほど、自動車を所有する中国人にとってもっとも煩わしいのが洗だと摘し、なぜなら「今日しても、明日にはもう体にはチリが積もっているから」だと紹介しつつ、チリが少ない日本が羨ましいと伝えている。

 中国でも洗場はもちろん有料であり、1回で数十元(数百円)ほどの料であることが一般的だ。お金を払って、せっかく綺麗にしても翌日にはもう体がチリで汚れてしまっては、確かにやりきれない気持ちになるだろう。

 記事は、中国はただでさえ燥しがちであるのに、各地で建設工事が行われていて、さらに世界の工場として大量の大気汚染物質を毎日排出していると紹介し、中国人が洗問題で煩わされているのは、中国世界の工場として環境を犠牲にしてきたためだとした。一方、「日本では1週間洗わなくてもは綺麗なまま」だと伝え、洗に煩わされない日本人が羨ましいと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

わが国とは違う! 日本では1週間も洗車しなくても車は綺麗なままだ=中国メディア