昨年9月より活動を休止していた滝沢秀明と今井によるアイドルデュオ・タッキーが、今10日をもって解散していたことを公式サイトで発表したことを受け、ジャニーズ事務所先輩であるTOKIO国分太一が、13日放送のTBS系情報番組『ビビット』(毎週8:00~9:54)でコメントを発表した。

滝沢今井は13日、「『タッキーアーティスト活動に関するお知らせ」と題してコメントを発表。滝沢は年内いっぱいで芸活動を引退し、ジャニー社長の意志を継いでジャニーズJr.の育成やプロデュース業に専念する。そして、メニエール病のため療養中の今井は、事務所を退所し、治療に集中するという。

国分夏休み中でスタジオには不在だったが、テロップコメントを発表。「大きな決断である『解散する』という話を聞いてまず思ったのは『より大人な選択をしたのだな、二人は』でした。多くの時間をかけて二人が話し合って出した『結論』ですから、きっと間違いないでしょうし、この先に向かうことがジャニーさんへの恩返しになると思います」と2人の決断を尊重した。

また、「で素直なところに尊敬しているのと、タッキージャニーさんを手助けするために裏方へ回るという決意に、めて尊敬できる後輩だなと思いました。なんかよりも大きく成長している2人に大きな期待を込めて…」と、2人への思いを明かした上でエールを送った。

画像提供:マイナビニュース