【ワシントン時事】米国北朝鮮分析サイト「38ノース」は12日、北朝鮮首都平壌近郊にある大車両製造工場「3月16日工場」で、大陸間弾道ミサイルICBM)用の移動式発射台(TEL)の試験に使われた仮設シェルターが解体されたと摘した。

 1977年に建設された同工場は軍事民間用の大車両を製造しており、弾道ミサイル開発との関連も疑われていた。今回解体が判明した仮設シェルターは、昨年11月までに工場西側に建設され、ICBM火星15」発射用TELの試験が行われた。

 仮設シェルター火星15が同11月下旬に発射された後、覆いが除去され、組みが改造されるなどの変化があったが、今年9月1日に撮影された衛星画像では解体されていた。