せっかく大好きな「HUGっと!プリキュア」のイベントに連れていってもらえたのに、男の子だからとプリキュアとの握手を遠慮してしまう――そんな息子の気持ちを描いたお母さん漫画Twitterで共感を呼んでいます。

【画像】遠慮しなくてもいい世界

 投稿のいなふちほさんは、息子のけいちゃんとゆうちゃんを連れてイベントに行きました。サインを買うとプリキュアと握手できる催しがあって、ゆうちゃんは「あくちゅしる!!!」と大奮。その一方で、けいちゃんは「男の子やし、やめとくわ……」と遠慮するのでした。

 しかし、彼がキュアアムール推しで、兄妹そろって「届け愛の歌」と必殺技ごっこをしていることを、いなふちほさんは知っていました。「この前(仮面ライダー)ビルドと握手したからいいよ」と強がる息子をふびんに思った彼女は、「好きになるものに“女の子専用”“男の子専用”はありません!!」とさとしました。そして、「お母さん女性だけど、かっこいいルパパト快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー)が大好き」と、自身を例に挙げて熱弁します。

 親子が会場にをやると、そこには見やすい場所を譲ってくれた優しいお兄さんたちの姿が。「好きなら握手しておいで」と促されたけいちゃんは、事にキュアアムールと握手できました。好きなものを素直に体験できて、本当によかった。

 「男だからとか女だからとか、もう小学生だからとかもう大人だからとか、遠慮しなくていい世界がいいよね……!!」――優しいメッセージの込められたこの漫画は、「かわいいし感動した」「お兄さんたちが行動もイケメン」など、好評を博しました。「『なんでもできる! なんでもなれる!』に込められた理想ってまさしくこんなだと思います」と、「HUGっと!プリキュア」のテーマが体現されているとの感想も寄せられています。

「好きになるものに、女の子専用も男の子専用も大人専用も子ども専用もない」は金言