ニュース提供スポーツソウルパウロベン監督体制で初めてスタメン出場のチャンスをつかんだファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が、得点を挙げられなかったことに対する悔しさを滲ませながら、10月にはもっと発展した姿で代表チームに選ばれたいと話した。

ベン監督率いる韓国代表チーム9月11日ワールドカップ競技場でチリと親善試合を行い、0-0で引き分けた。導権をチリに渡し、簡単ではない試合となったが、失点せずによく耐え、敗北を免れた。

ファン・ウィジョはこの日、代表チームワントップでスタメン出場し、後半13分にチ・ドンウォン(アウクスブルク)と交代するまでピッチを走り回った。

アジア大会金メダルメンバーであるファン・ヒチャンハンブルガーSV)、ソン・フンミン(トッテナム)と呼吸を合わせたが、活発な動きと素いパスワークのなかでも、これといったゴールチャンスをつかめなかった。

ファン・ウィジョは試合後、ミックスゾーンで行ったインタビューで、「アタッカーが守備にたくさん加担し、圧迫から脱しようととした。ビルドアップを多くしようと努したが、うまくいかなった点もある。それでも失点で終われて満足している」と伝えた。

【画像あり】美少女サポーターの“へそ出しすぎユニホーム”が話題。「吸い付きたくなる白肌だ!!」

ファン・ウィジョは、ジャカルタアジア大会で絶頂のゴール感覚を見せ、代表チーム金メダル獲得に大きく貢献した。

アジア大会での活躍を受け、久しぶりにA代表に選ばれたが、期待されたゴールは挙げられなかった。


9月1日に行われた日本とのアジア大会決勝に出場したファン・ウィジョ


ファン・ウィジョは、「最大限、アジア大会のときと同じく準備しようとした。アジア大会を通じて自信を得たが、もっと多くのチャンスが訪れると思っったからか、今回の試合が残念でもある」とし、「監督がビルドアップを重要視している。相手が最前線からプレスをかけてきたから、前線までうまくボールが渡らなかった。これからもっと細かい部分を詰めていかなければならないだろう」と明かした。

アジア大会9月のAマッチ2連戦で所属チームを1カ間離れていたファン・ウィジョは、所属チームではアップグレードされた姿を見せるという意志をった。

空白が長かった。チームの状況が良くないため、もっと良い姿を見せならないようだ」

(構成= 仁守)

9月1日に行われた日本とのアジア大会決勝に出場したファン・ウィジョ