浦和レッズ日本代表DF槙野智章が13日、自身の公式ツイッター更新ファンからの過剰な要に苦言を呈している。

 槙野はこの日、大量の自身のトレーディンカードを撮影した写真ツイッター投稿した。「こうやってカードを送ってきては、 サインして返して下さいといっぱいくるが、果たしてこれは書いて返す事がいいのか?」と付しており、これらのカードは一部のファンから届いたものと見られる。

 さらに同選手は「これが当たり前になる事で、 サッカー選手の価値が上がらない。 カードサインをし転売された過去があるからこそ抵抗がある。」と続け、ファンサービスエスカレートしている現状に警鐘を鳴らした。最後には「今一度ファンサービスとは何かを考えてみる。」と記し、締めくくっている。

 昨今ではチケットの高額転売などが問題となっているが、選手たちが行うファンサービスを巡っても、品位が問われる事態となっている。

槙野が過剰なファンサービス要求に苦言 [写真]=Getty Images