観光開発株式会社(本社:長野県北安曇白馬村、代表取締役社長和田寛)は、ALL信州観光活性化ファンドNECキャピタルソリューション株式会社、FUNNY株式会社と、長野県白馬村岩岳エリア観光を再生し、“並み”全体を一体的なリゾートとして捉え、開発・運営する新会社「自然と伝統の融合した岩岳の並み活性化株式会社」を設立したことをお知らせいたします。

「庄屋丸八」入口正面
古民家改装イメージ(外観)

 観光開発株式会社は、スキーリゾートからオールシーズン楽しめる”マウンテンリゾート” へ変貌を遂げるため、内外からのコンテンツを積極的に誘致・開発し、地域活性化を促進する取り組みを行っております。昨シーズン2017-18)の白馬村への訪日外国人数が過去最高となるなど、内のみならず海外からも人気エリアとなっております。一方で、エリアの宿泊施設は、経営者の高齢化や後継者・人手不足などの理由から減少が立ち始め、特に高級志向なハイエンド観光客をターゲットとした宿泊施設が足りておらず、繁忙期の宿泊客の受け入れ等が困難な状況になりつつあります。

 こうした背景から、観光開発株式会社は、ALL信州観光活性化ファンドNECキャピタルソリューション株式会社、FUNNY株式会社と連携して、古くからのせせらぎ神社や古民家などの自然と伝統的観が残る岩岳の“並み”を一体的なリゾートとして捉え直した新しい事業モデルを推進し、インバウンドを含む富裕層を地方の観光地へ誘致する「自然と伝統の融合した岩岳の並み活性化株式会社」を8月30日に設立し、ハイエンド観光客にもご満足いただける「高級古民家リゾート」の開発・運営を開始いたします。

 開発においては、大規模な宿泊施設を新たに建設するのではなく、岩岳に既に点在する日本情緒あふれる古民家などの宿泊施設を、再生・利用し、レセプション・ダイニング・ベッド等の機を各施設に分担させることで、“”自体に宿泊するというスタイル運営します。

 レセプション機ダイニング機は、江戸時代屋の屋敷として建てられた「屋丸八」に集約。宿泊するお部屋は近隣にある、高級感のある和とモダンテーマリノベーションされた複数の古民家などに集約されます。各施設合計20室以上の部屋が、7ユニット(各バストイレ付)に分けられており、約35140のお部屋をご用意いたします。宿泊客は、「屋丸八」から宿泊施設へ移動する際に、並みや山々風景など、全体の観を楽しみながら回遊することができます。

ダイニング(「庄屋丸八」内)
古民家改装イメージ(内観)
 また、予約管理・客室準備は、神奈川県葉山エリアのバケーションハウスHAYAMA Funny house」を展開するFUNNY株式会社が行います。「HAYAMA Funny house」は、日本を代表する近代建築家吉村順三氏により設計された、と調和するようなデザイン美しい亜の1965年建築された邸宅を、FUNNY株式会社2015年リノベーション運営する、大人リゾート地として人気の施設です。(https://hayama.funnyfunny.jp/

 こうした体制のもと、各施設は2018年9月より装工事を開始し、12月より順次開業予定です。今後は、岩岳エリア日本情緒あふれる重な観光活用しながら、「高級古民家リゾート」として、統一感のあるデザインで魅ある街づくりイベント行い、白馬村の地域活性化に貢献してまいります。
「HAYAMA Funny house」のテラス
イベント「白馬岩岳~冬の夜祭~」の様子
【会社概要
会社名: 自然と伝統の融合した岩岳の並み活性化株式会社
代表取締役社長: 和田
住所: 長野県北安曇白馬村大字北 6329-1
設立: 2018年8月30日事業内容:宿泊施設のリノベーション並み整備

配信元企業観光開発株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ