セブン銀行楽天Edy鉄道会社10社は9月13日、全2万4000台以上のセブン銀行ATM10月15日から「Suica」や「PASMO」など交通系電子マネーと「楽天Edy」のチャージ(入)や残高確認を可にすると発表した。

【その他の画像】

 対となる電子マネーは「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」「楽天Edy」の10種。交通系電子マネーは2万円、楽天Edyは5万円(1回あたり2万5000円)まで1000円単位でチャージできる。チャージ額を定して、お釣りを受け取ることも可だ。手数料は無料で、セブン銀行ATMが設置されている施設の営業時間内であれば利用できる。

 セブン銀行楽天Edy、そしてJR北海道JR東日本JR東海JR西日本JR九州京浜急行電鉄小田急電鉄西武鉄道東武鉄道名古屋鉄道の協で実現した。

チャージ方法