Apple9月13日日本時間)に新しいiPhoneを発表した。気になる名称は、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」。大モデルす用が「Plus」から「Max」になり、豊富なカラバリを用意する廉価版は聞き慣れない「XR」になるなど、これまでとは異なる名称が立つ。

【その他の画像】

 そして今年も「iPhone 9」は発表されなかった。複雑になってきたiPhoneナンバリング事情をめて振り返ってみたい。

iPhoneの名前にみんな混乱

 iPhone2007年の初代以来(日本未発売)、毎年新モデルが登場している。iPhoneiPhone 3G→iPhone 3GSiPhone 4→iPhone 4s→iPhone 5→iPhone 5s/5cというように、1年ごとに後継モデルが出て、2年ごとにナンバリング更新される。

 iPhone 6以降は、大モデルを「Plus」で表現。4インチの小柄な「iPhone SE」を経て、「iPhone 7/7 Plus」「iPhone 8/8 Plus」が登場し、昨年の「One more thing」は「9」を飛び越えiPhoneシリーズ10周年記念モデルとされる「iPhone X」が発表された。

 「iPhone 10」ではなくiPhone X。発表当初は「X」の読みエックスなのかテンなのか話題になったが、AppleティムクックCEOは発表会で「テン」と発音。今回のXSはテンエス、XS MaxはテンマックスXRはテンアールとなる。

 XSの「S」XRの「R」は大文字なのか小文字なのか、MAXなのかMaxなのか、Apple公式サイトでも表記が揺れていてITメディア記者たちも混乱している様子だった。そもそも、XRのRとは何なのか。

 ちなみにiPhone 4sも発表当初は「4S」だったが、iPhone 5s/5c登場以降に「4s」に統一された経緯がある。XSではあえて大文字にしているわけだが、後から「Xs」になる可性も否定はできない。

 これまでの傾向を見ると、来年のモデルは「iPhone 11」か欠番の「iPhone 9」、もしくは「X」をもじった名前になることが予想される。iPhoneの名前にまつわる“”をまとめると以下の通り。

・XSの「S」は大文字なのか小文字なのか

XRの「R」とは何なのか

・なぜ大モデルPlusからMaxになったのか

iPhone 9や10は出ないのか

 また、Appleスペシャルイベント公式サイトにあった、色の円形オブジェクトと「Gather round.」(みんな集まれ)の文言も結局何だったのか。今年は、発表終了後もはますます深まるばかりだ。

 「で、結局iPhone 9は今年もないんすか?」

 毎年恒例となりつつあるこのせりふ。来年も編集部で聞けるだろうか。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」