加護亜依
(C)まいじつ

過失運転致傷と道路交通法違反の疑いで逮捕された吉澤ひとみについて、『モーニング娘。』の元メンバーらがSNSなどで口を開き始めた。

【関連】吉澤ひとみ「ひき逃げ」を『とくダネ!』が謎の報道「運動神経は良い」 ほか

初代リーダーを務めていた中澤裕子は、被害者を見舞うコメントをした上で、「本人の自覚のなさから起きたことだと思います。擁護できることは何一つございません」と断罪。ファンに向けては「申し訳ない気持ちです。本当に本当にごめんなさい」とブログにつづった。

事件当日の9月6日吉澤とともにイベントに出席予定だった保田圭も同じく、「今回のことはとうてい許されるようなことではなく…」と糾弾。吉澤とはグループ卒業後もたびたび活動をともにしてきただけに、「怒りと悲しみと悔しさと情けなさといろんな感情がぐちゃぐちゃで気持ちの整理がついていません」と複雑な心を吐露している。

吉澤リーダー時代にサブリーダーを務めていた藤本美貴は、「どう言葉にしたらいいのか今はまだ言葉が見つかりません」とコメント。また、事件直後にいちツイッター更新した小川琴は、「苦しくて、つらくて、悲しくて怒りの気持ちも込み上げる」と、大きなショックを受けていることをうかがわせている。

小川と同じく後輩にあたる紺野あさ美は、「私がコメントをしていい立場なのかもわかりませんが」と前置きした上で、「先輩がこの責任を受け止め償っていけることを願っております」と厳しい表現に徹した。

 

吉澤ひとみへ「加護亜依からメッセージ」が規格外にズレている

加害者にかける言葉ではない

吉澤同期の4期メンバーにして、『W(ダブルユー)』でコンビを組んだ辻希美加護亜依の反応は対照的だ。

毎日のように更新していたブログを、事件当日に当たる6日を最後に更新ストップ。自身としては沈黙を貫いているが、夫で俳優杉浦太陽ブログで「精的にもかなり落ち込んで…」と、の状態を明かしている。

対する加護は、事件後も普段と変わらない様子でブログ更新。10日には、事件のことに直接言及していないもの、「何度も立ち上がって這い上がって! だって人は1人ではないからね! 支え合って生きていこう」と、吉澤に対するエールともとれるコメントを発表した。

この加護メッセージについてはネット上で、

《なんで吉澤がまるで被害者みたいな言い方なんですかね…》
加護ちゃん、吉澤は加者だよ。何を同情してるんだか》
《加者に対して掛ける言葉じゃないだろ…》
この子アホなの? なんで犯罪者エールを送るんだよ》

などといった疑問のが続出してしまった。

今はまだコメントを控えているモーOGたちも、加護反面教師にして思いを整理していることだろう。