三重県は13日、自分で取ったキノコを食べた同県桑名市男性75)が食中毒を発症したと発表した。男性は意識不明の重体。県は食べ残したキノコの形などから、食用のクロハツに似た毒キノコ「ニセクロハツ」の可性が高いとみて調べている。内ではニセクロハツで05年に2人、06年に1人が死亡しているという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら