13日午後7時10分ごろ、岡山県倉敷市交差点で、近くに住む真ちゃん(4)がペダルのない2輪「ランニングバイク」で走行中、ワンボックスカーと衝突した。真ちゃんは体を強く打って病院に搬送され、約2時間後に死亡が確認された。県警玉署が詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、現場は信号のない交差点で、真ちゃん道路を直進し、左折してきたワンボックスカーの前部にぶつかった。祖散歩で後ろを歩いていた。

 ランニングバイクは、ペダルがなく脚で地面を蹴って進む2輪の遊具。真ちゃんが乗っていたのはブレーキが付いていないタイプで、ヘルメットは着用していなかった。