原作太田ぐいや先生漫画木村先生タッグで送る『もんこ~ろ』は、匂いにまつわる女子中学生のお話。

 本作には、香木の香りを楽しむ芸事、“香深イイ話がふんだんに詰め込まれているのですが、それ以上に気になってしまうのが、主人公淡路(あわじ すいこ)のハイレベルな匂いフェチっぷり。

 上級者向けすぎるそのフェチズムとはいったい? ここではそんな彼女暴走模様を紹介していきます。

ニコニコ漫画『もんこ~ろ』エピソード一覧

アグレッシブすぎる変態現る!?

 吐息。巻いていたマフラーで何気なく顔を覆ったのは、中学1年の淡路

 しかし、この仕には寒さをしのぐこととは別の的がありました。

 マフラーの下にばせていたのは、なんと鼻毛切りハサミ!?

 いまだかつて、第1話の冒頭から美少女がムダ毛処理を始めるようなマンガがあったでしょうか……!?

 満員電車の中に押し込められた彗は、女性香水の匂いにげんなりしたり、赤ちゃんミルクの匂いにほっこりしたりとフェチライフを満喫。

 おじいさんの防剤の匂いに、“わりとアリといった表情を浮かべているのはどうなの……?

 防剤はさておき、ここで彗運命の人と巡り会います。

 整った顔立ちの女生徒に……というより、間違いなく彼女の匂いにときめいたであろう彗

 しかし、彗に狙われるよりも前から、すでに女生徒の受難は始まっていたのでした。

 卑劣な痴漢行為を撃した彗は、獲物を横取りされたのような勢いで、男の手首をがっちりホールド!

 “行動のある変態以上に恐ろしいものなど、この世には存在しないということがよくわかるシーンです。

めくるめく“聞香炉”の魅力とは!?

 痴漢騒動の際は名前も聞けずに別れたふたりでしたが、その日のうちに校内で再会。

 彗いわくが長くておしとやかで、にお……」彼女の名は、富士流未音(ふじかわりゅう みおん)といいました。

 未音から漂うお嬢様オーラに気後れしたのか、(はたまた別の理由か)彗アグレッシブさも影を潜めます。

 そこで、モジモジする彗リラックスさせようと未音が取り出したのが、タイトルにもなっている“聞香炉”

 “香りを聞く”だなんて、何ともゆかしいきです。

 ちなみに、さらりと紹介のあった“伽羅”のグラム単価は玉が飛び出るほど高いので、ぜひ調べてみましょう。

ついに彗湖が変態力を全開放……!

 「香りを楽しむ部活、“香部”を作りたい」という未音の言葉に心動かされた……ような素振りを見せる彗

 しかし残念ながら、お上品な香女子マンガを期待する読者の思いは、彼女によって打ち砕かれるのでした。

 全に思考停止した未音に対し、なおも彗は己の欲望を満たさんと突き進みます。

 土下座、さらには痴漢から助けたことを引き合いに脅迫この変態必死すぎる……!

 気圧された未音はしぶしぶオーケーしつつも、最後の抵抗とばかりに制汗シートを取り出しますが……。

 それを最速で叩き落としてこの顔である。もはや、未音からは言葉も出ません。

 いまだかつて、第1話から女子中学生「ナマで!」などと言わせたマンガがあったでしょうか……!?(2回

 すべての読者を置き去りにした衝撃の展開、その結末はご自身ので確かめてみてください。

匂いフェチの深淵に迫る!

 ほのぼの女子マンガかと思いきや、一読者“匂いフェチダークサイドへと叩き落とした本作。

 その単行本第1巻が、9月14日に発売となりました。

『もんこ~ろ 』第1巻Amazon購入ページこちら

 今後も、つぎつぎと変態性を発揮する彗や、クセのありすぎる新部員たちの出現によって未音の心労は増すばかり。

 各々が好む匂いのジャンルも違っており、世の中にはさまざまな匂いが存在することにめて気付かされます。

 本作を読めば、もしかしたら彗のように、体臭フェチ覚めてしまうかも……?

 (画像はニコニコ漫画『もんこ~ろ』より)

ニコニコ漫画で『もんこ~ろ』を読めるのはこちら

ニコニコ漫画公式サイトはこちら

ニコニコ漫画おすすめ漫画記事―

お酒好きのおねえさんとオ・ト・ナな時間♪ 実在する店が舞台の『綺麗なおねえさんと呑むお酒は好きですか?』の酒テロ具合がハンパない

数年ぶりに会った幼なじみが超絶美人に成長!? 『幼なじみになじみたい』のまつりとの再会シーンが甘酸っぱすぎて悶える