キリスト教カトリック教会職者による性的虐待疑惑に関し、独誌シュピーゲル(電子版)などは12日、独内でも約3700人の被害者がいたとの調結果を報じた。事態の深刻化を受け、カトリックの頂点に立つフランシスコ・ローマ法王は来年2月、各教代表を集めた会議を招集し、問題を協議すると表明した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら