「民泊」を許可で営業したとして、京都府警は14日、京都市区の館経営会社と、同社の男性社長30)=大阪市中央区=ら3人を館業法違反容疑で書類送検した。府警によると、住宅宿泊事業法(民泊新法)と罰則を強化した館業法が6月に施行されて以降、「ヤミ民泊」業者を摘発したのは全初という。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら