オーストリアインブルックにて開催された、パラクライミング世界選手権視覚障カテゴリー男子B1クラスに、NPO法人モンキーマジック代表理事小林が出場し金メダルを獲得しました。
「見えないだって、越えられる」をコンセプトに、障クライミングの普及活動を通じて、多様性を認めあえるより成熟したユニバーサル社会の実現を的に活動する特定非営利活動法人モンキーマジック(京都武蔵野市、以下「NPO法人モンキーマジック」)の代表理事 小林幸一郎は、9月13日日本時間9月14日午前2:05頃)、オーストリアインブルックにて開催されたパラクライミング世界選手権の視覚障カテゴリー男子B1クラスに出場して1位優勝、金メダルを獲得しました。

決勝と表彰台の小林
ナビゲーターの鈴木直也とともに臨んだ予選は総合1位タイという成績で通過、決勝に進んだ小林
登者が出なかったため、時間内に決められたルートをより高い地点まで登った小林が、2位以下に圧倒的な差をつけて優勝しました。

<視覚障カテゴリー男子B1クラス結果>
1位 小林幸一郎(日本
2位 Matteo STEFANI(イタリア
3位 Francisco Javier AGUILAR AMOEDO(スペイン
決勝結果速報
<大会動画
IFSC Paraclimbing World Championships - Innsbruck 2018 -
https://youtu.be/BbvAIf0_EgM?t=1h4m10s
小林の出場1:04:10から)

今大会でパラクライミング日本代表選手は、小林の視覚障男子B1クラス金メダル1枚のほか、視覚障男子B2クラス銅メダル1枚、神経女子RP3クラス金・銀メダル2枚、合計4枚のメダル獲得となります。
オーストリア・インスブルックの決勝会場全景
<関連リンク
日本ラクライミング協会(JPCA) https://www.jpca-climbing.org
スポーツクライミング協会(IFSC) http://www.ifsc-climbing.org/
2018年スポーツクライミング世界選手権 https://www.innsbruck2018.com
NPO法人モンキーマジック https://www.monkeymagic.or.jp

配信元企業特定非営利活動法人モンキーマジック

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ