盛岡市認可外保育施設で2015年8月、預かり保育中だった下坂心ちゃん(当時1歳)が塩化ナトリウム死亡した事件で、業務上過失致死罪に問われた施設の元経営者、吉田直子被告(35)に対し、盛地裁(中島経太裁判官)は14日、刑(罰50万円)を上回る禁錮1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら