動物虐待に関する法律が特に定められていない中国。しかしこのほど重慶で起こった残なペットの死について、中国ソーシャルメディアではペット虐待した飼いに大きな非難が寄せられている。『South China Morning Post』『Shanghaiist』などが伝えた。

9月6日の午後、重慶沙坪ハ区にあるマンションの敷地内で犬と猫が死んでいるのを同じマンションに住む女性が発見した。

チェンさんというその女性は、ちょうど散歩をしていた時にドスンという大きな音を聞いた。音のしたほうへ行ってみると、ゴールデン・レトリバーが息絶えていた。“ジャック”というそのが飼い散歩させられている姿を度々見かけていたチェンさんは2匹が転落したのではと思い、急いで飼いメッセージを送り、同時にWeChatでマンション内のペット所有者グループにも連絡した。

ところがの飼いからは何の返信もなく、事態に気付いた他の住民らがマンション21階に住む飼いの部屋を訪ねてみたが、ノックしても全く応答がなかった。芝生の横のコンクリート地面にしく叩きつけられた状態で死んでおり、の引き綱と餌用のボウルをその近くに発見した住民らは「もしかして単なる事故ではないのでは」と疑問を抱き、警察通報した。

飼いは、警察から連絡を受けた時点でようやく応じたが、ペットの亡骸を引き取ることを拒否したという。その、住民らによって2匹は毛布に包まれ、マンション近くに埋葬された。悲しいことに妊娠中だったようだ。

いったい何が起こったのかと探る地元メディアに事情を明かしたのは、警備員から話を聞いたというマンションの管理人だった。犬と猫を飼っていたのは夫婦であり、夫は妊娠中の妻に「出産後はペットを飼うな」と言い放ち、それに反対した妻との間で口論になったという。ペット2匹の死は、反論した妻に逆上した夫が21階のから犬と猫を放り投げたことによるものだった。

動かなくなった2匹の周りを住民と思われる人々が取り囲み、ある女性を撫でながら泣いている姿が収められた動画は、たちまち中国ソーシャルメディア拡散した。9日には「ペットの死は、全な事故」「夫は過ちを反している」といったが飼いによりマンションに貼られたようだが、犬と猫が同時に21階から転落するという出来事は、偶然にしてはあまりにも理がある。ソーシャルメディアでは「人として、命を敬うことを学ぶべきだ」「社会を脅かしたことに対しての罪を受けるべき。もし、落ちてきたペットかが怪をしたらどうするんだ」といった非難のが集中した。

しかし中国では動物虐待に関する法律は特に定められていないため、警察やマンションのセキュリティサービスも、この飼い男性に対してはなんの対応もしていない。ある住民女性は「男性がいつも散歩させているのを見ていた。まさかこんなことをするなんて思ってもいなかった」と悲しみを露わにした。妻のおに宿る命を大切にしているのならば、なぜペットの命も大切にできなかったのか。残にも放り投げられ、命を奪われた気の毒でならない。

画像は『South China Morning Post 2018年9月12日付「Chinese man ‘threw cat and dog out of 21st-floor flatafter heated row with wife」(Photo: Pear Video)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト