憲法改正に反対する「九条の会」は14日、東京永田町の参院議員会館で記者会見し、自民党総裁選後の臨時国会9条改憲の動きが加速することを懸念するアピール文を発表。自衛隊憲法に明記することにより、「9条根本から破壊して、日本アメリカと一緒に海外で『戦争をする』に変えてしまう」と訴えている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら