10月からの生活保護費引き下げを巡り、受給者の支援団体が14日、引き下げは不当として都道府県に減額処分取り消しをめる審を全の受給者に呼び掛けるへ。13年の前回引き下げでは3万人近くが審し、全員申し立てが認められず、約1000人が裁判を起こした。今回も大規模訴訟に発展の可性がある。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら