自民党石破茂元幹事長は14日ロシアプーチン大統領が前提条件なしの日ロ平和条約締結を提案したことをめぐり、安倍晋三首相が「平和条約が必要との意欲が示された」と説明していることについて、「かなり理がある」と述べた。千葉市内で記者団の質問に答えた。

 石破氏は「領土問題平和条約は一体だ。益や国家権を考えれば当たり前だ」と述べ、北方領土問題を棚上げにした条約締結は受け入れられないとの考えを強調。「(プーチン大統領は計算し尽くして、ああいう発言をした」とも摘した。