9月14日の対巨人22回戦に、横浜DeNAが4対2で勝利した。しいの中で行われた3位巨人との直接対決を制してゲーム差を2.5に縮め、逆転でのクライマックスシリーズ進出に一歩前進した。

 横浜DeNAは、先発の井納が6回2/3を投げて1失点と素晴らしいピッチングを披露。7回途中でアクシデントにより緊急降となったが、アレックス・ラミレス監督(43)は「それほど大きな怪ではない、とトレーナーから聞いている」と安堵した様子でった。 また、5回までに4点を先行しながらもジリジリと詰め寄られる展開に、ラミレス監督は「チーム一体となっての勝利」と強調。筒香とソトの2者連続弾などはあったものの、特定ヒーローではなくチーム全体にねぎらいの言葉を送っていた。インタビューの全文は以下の通り。


ナイスゲームでした!

日本語で)ありがとうございます


-まずは試合を振り返っていただけますか?

 今日チーム一体となっての勝利ですね。井納も素晴らしいピッチングをしてくれて、そして打者も援護をすることができて。昨日は点を取ることができませんでしたけれど、今日は本当にチームが一体となっての勝利だったと思います。


-本当に先制点というのは大きな意味を持ちますね。

 非常に大きかったと思います。内海々に対してとてもいいピッチングをしていますし、ジャイアンツの打者も々相手にかなり打っていますので、先取点というのは非常に大きな意味を持っていました。


-それからの2人、筒香選手とソト選手のホームランが生まれました。振り返っていかがですか?

 2者連続のホームランということで、素らしかったと思います。今後の戦いの自信になるようなホームランでしたね。彼ら以外にもチームで10本のヒットを打っていますし、今日はバッティングが非常に良かった。


-筒香選手は内海投手からまったくヒットがなかった中でホームランが出ました。

 打つことも打たないこともあるのが野球ですけれども、今日のホームランは非常に大きかったと思います。


-井納投手のその後はいかがでしょうか?

 トレーナーの話では「それほど大きな怪ではない」とのことです。そんなに大きな問題ではないと思いますが、明日もう一回様子を見ます。今日は彼にこの勝利を味わってもらいたいですね。


ホーム4連戦の初戦を取りました。これは大きな意味がありますね。

 非常に大きい勝利ですけれども、ここからは簡単な試合はひとつもありません。明日菅野との対戦になるので、しっかりと努をして、ベストを尽くして勝ちにいきます。


ありがとうございました

日本語で)ありがとうございます

(C)AbemaTV

▶【動画】<パットン激怒!>判定に大激怒!死球かファウルか...リクエストにも納得いかず