【大きい画像を見る】全体主義ストラテジー『Beholder』の実写短編化が決定!『Papers, Please』実写版のスタッフが制作

2016年に第1作が登場し、今年には新作の発売も予定されている全体主義ストラテジーゲーム『Beholder』の実写短編化が発表されました。制作は『Papers, Please』の実写短編化を手がけた、Nikita Ordynskiy氏とLiliya Tkach氏が率いるKINODOM Productionが行います。

『Beholder』トレイラー
『Beholder 2』トレイラー
『Beholder』はディストピア未来を舞台に、全体主義国家での監視社会を描いた作品。実写短編は『Papers, Please』の実写化と同様、オリジナルゲームを鮮やかに描写するとともに想像上のディテールは追加しないというアプローチを維持しており、セリフのない静かな作品になるとのことです。


『Beholder』の実写短編は2018年開を予定しています。【ほかの画像を見る】全体主義ストラテジー『Beholder』の実写短編化が決定!『Papers, Please』実写版のスタッフが制作
全体主義ストラテジー『Beholder』の実写短編化が決定!『Papers, Please』実写版のスタッフが制作