次世代の再生可クリーンエネルギーとして世界的に注されている「水素」。この水素を、太陽から効率的に作り出す新たな技術が英ケンブリッジ大学で開発されたと話題になっている。「限の再生エネルギー」を可とする技術であると、英「Daily Mail」(今4日付)などの多数メディアが報じている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/09/post_18103_entry.html

■半人工合成で水素を作る

 太陽二酸化炭素から炭水化物酸素を作り出す合成。ケンブリッジ大学化学研究者らは、この自然の仕組みを応用し、「半人工合成」技術を開発したとしている。この技術を使えばクリーンかつ効率よく分解し、酸素水素に変換できるというのである。

 人工合成で水素を作らせようという研究は世界中で行われてきたが、希少で有な物質を触媒として必要とするなど、クリーンで効率的なシステムは未だ開発されていない。今3日付で科学誌「Nature Energy」に掲載された論文によると、今回ケンブリッジ大学チームは「藻類」に眠っていたある酵素を用いてブレークスルーを起こしたという。

 通常、植物や藻類が行っている合成では、分解して作られた酸素は副産物として外に吐き出すが、水素炭水化物を合成するのに使われてしまう。そこで今回、チームでは藻類が持っていた酵素の一種であるヒドロゲナーゼを使い、水素も効率的に取り出すことに成功したのである。研究者らによると、このプロセス進化の上で必要ないとされ、ずっとそのゲノムの中に眠っていたものなのだという。

 論文によれば、今回開発された技術は自然合成よりも太陽の吸収効率が良いという。人工材料生物材料を組み合わせることで難題を解決できたことは、将来の太陽エネルギー利用のためのマイルストーンとなりうる重要な技術であると述べている。研究者らは「私たちが必要とするプロセスを選択し、自然では起こせない反応を起こすことができたのは非常にエキサイティングです」とり、技術の革新性と重要さをアピールしている。

 水素を使った次世代エネルギーには、から安価で効率的に水素を取り出すシステムが不可欠である。地球上に多量に存在する物質であり、水素エネルギーを使用後にも副産物として残される。つまり、尽蔵で限なエネルギーになるのだ。新たな半人工合成システムは人類に新たな展望を開くのだろうか。大きな期待と注が寄せられている。

(編集部)

イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より