世界選手権ドミニカ共和戦で今大会初勝利「イシカワとヤナギダが勝利導く」

 バレーボール男子世界選手権(イタリア)1次リーグは13日に世界ランク12位日本は同38位のドミニカ共和を3-0で下し、今大会初勝利を挙げた。エース石川希(シエナ)、将の柳田将洋(ルビン)が躍動。現地メディアも「会場にいた日本人ファンが楽しんで試合に熱狂した」と活躍ぶりを称賛している。

「イシカワとヤナギダが日本の勝利を導く」と見出しを打って報じたのは、イタリア専門メディア「イ・バレーマガジン」だった。

日本はドミニカ共和希望を打ち消し、3-0(25-20 25-16 25-16)のストレートで初勝利を飾った。日本チームは開幕戦での浮き足だった気持ちを抑え、監督ナカガイチによる最大限に揮された6重奏を、試合で見せつけたのである」

 このように記し、中垣内ジャパンの今大会初勝利をレポート。「会場にいた多数の日本人ファンは、お気に入りの選手の活躍を見ることができ、楽しんで試合に熱狂した」とも記し、躍動した2人の名前を挙げた。

ユウキ・イシカワはアタックが特に優れており、20本中16本を決め、成功率が80にも及んだ。この働きぶりにはユウキの新しいサポーター、シエナの人々も大満足したに違いない。日本チームキャプテンマサヒロヤナギダは璧に選手としての役割を果たした。上手いレシーブに加え、攻撃面でも最終的に12点をもぎ取った」

 イタリアのシエナに所属する石川の高いスパイク成功率を称賛。柳田は攻守でチームに貢献したことを伝えている。1勝1敗とした日本は続く14日のスロベニア戦に敗れたが、16日のベルギーとの第4戦で必勝を期す。(THE ANSWER編集部)

バレーボール男子のエース、石川祐希【写真:AP】