大相撲場所>六日14日東京両国国技館


 前頭十四枚の勝(千賀ノ)と前頭十六枚石浦宮城野)の一番で、視聴者が「これぞ、行魂!」と感嘆のを上げる場面があった。


 立ち合いしく突き放すの勝に対して、いて勝機を探った石浦。その後、石浦の勝の右の腕を手繰って技を繰り出そうとしたその時、土俵上を素く動き回る二人を避けきれずに行石浦と接触。体勢を崩して土俵上に転がった。


 その転倒と同じくしての勝が石浦を寄り切るも、土俵上に横になった行は“しかと”寄り切りの間を視。何事もなかったかのように立ち上がると、の勝に軍配を上げた。

 AbemaTV視聴者からは、「行事、巻き込まれる」「逃げ切れなかった」「悲報、行コケるw」とその様子を面がるコメントが寄せられた一方、「倒れてもしっかり見てる」「これぞ、行魂!」など、冷静に職務を全うした行に対して感嘆のも上がっていた。


 なお敗れた石浦は、初日にを挙げてからの5連敗。幕内残留に向けて黄色信号がった。

(C)AbemaTV


【無料動画】<大相撲秋場所六日目>幕内取組一挙に振り返り!