ニコニコニュース オリジナル

nhk.jpg NHKの看板報道番組「クローズアップ現代」とニコニコ動画のコラボレーションが実現することになった。クローズアップ現代(クロ現)は2011年3月10日の夜、「急成長するインターネット放送」をテーマにした番組を放送するが、その前後にニコニコ生放送で「クローズアップ現代」を素材にした特番が配信されるのだ。クロ現の後のニコ生番組にはNHKのプロデューサーやディレクターが参加し、ニコニコ動画の関係者と「ネットとテレビの未来」について熱く議論する。

 今回の「NHK×ニコニコ動画 クローズアップ現代~ネット拡大スペシャル~」は3部構成になっている。まず19時から30分間、ニコ生でクロ現の「直前番組」を放送する。東京・原宿のニコニコ本社スタジオに放送作家の大嶋智博氏を招き、今回の番組制作の狙いを語ってもらう。

 19時半からはNHK総合で、クローズアップ現代が放送される。テーマは「急成長するインターネット放送」で、ニコニコ生放送やユーストリーム(Ustream)の実態が紹介される予定だ。さらにNHKの番組と並行して、ニコ生ではクロ現の「実況番組」を放送。視聴画面を真っ黒にして、NHKを見ているユーザーのコメントを流していく。

 クロ現が終了する19時56分からは、ニコ生で「激論!NHKクローズアップ現代に見る『ネットとテレビの未来』」と題した討論番組を放送する。ニコニコ動画からは杉本誠司・ニワンゴ社長や七尾功・政治部長、NHKからは細田美和子プロデューサーと篠田洋祐ディレクターらが出演。今回のクロ現のゲストでもある津田大介氏もまじえて、ネットとテレビの関係が今後どうなっていくのかを話し合う。

■ 「NHKの番組制作者に『逆取材』できる、いい機会」

 これまでニコニコ生放送では、「『新・週刊フジテレビ批評』批評」などテレビの「直前番組」をテレビ局と連携して放送した実績はあるが、このようなテレビの「ふり返り番組」をそのスタッフとともに制作するのは極めて異例だ。しかも今回、ニコニコ動画はNHKの取材を受けた当事者でもある。取材した側と取材された側が番組の直後に討論し、しかもその内容がネットで公開されるという点で画期的といえるのだ。

 ニワンゴの杉本社長は「クローズアップ現代の30分という枠では伝えきれない、番組の作り手の思いをじっくり聞いてみたい。また、テレビの将来についてどういう危機感をもっているのか、ネットをどう使おうと思っているのか、たずねてみたい」と番組の狙いを語る。一方、ニコニコ動画の記者会見中継で有名な七尾政治部長は「自分に対するインタビューがどのように編集されて放送されるのか。それを見たうえで番組制作者に『逆取材』できるのはすごくいい機会なので、いろいろ質問してみたい」と意気込んでいる。

 1年前のいまごろには、NHKスペシャルで「激震 マスメディア~テレビ・新聞の未来~」と題した討論番組が放送され、ニコニコ動画を運営するドワンゴの川上量生会長とNHKの今井義典副会長らが「テレビ・新聞とネットの関係」について意見を戦わせた。そのときには、上杉隆氏や堀江貴文氏らがNスペをネタに議論する「裏番組」がユーストリームやニコ生で放送されて大きな注目を集めたが、NHKとは無関係に独自に企画されたものだった。

 しかし今回は、NHKとニコニコ動画が何度も打ち合わせを重ねたうえで実施されるコラボレーション番組だ。ニコ動の七尾政治部長は「テレビとネットの関係は、この1年で大きく変わった。その変化を象徴する番組になるのではないか」と話している。

(亀松太郎)

【関連記事】
ニコ生視聴者の83.6%「無縁社会は他人事でない」
無縁社会に「生放送」でつながる若者たち
広がる「無縁社会」で新たな動き 「ネット縁」を築いていく人たち
全文を表示