2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。特にAVメーカーでもある東芝からは薄さと軽さを兼ね備えるだけでなく、AVメーカーとして高画質と高音質にもこだわったモデルが発売されており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、東芝から発売されているREGZAのブランド名を冠した7インチから13インチの最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。


今回は、7.7インチ有機ELディスプレイを搭載したREGZA Tablet AT570を紹介しよう。

■片手で操作するのも簡単!文庫本2冊分の軽さ

厚さは7.9mmとスリムで、重量は文庫本約2冊分の約332gと軽く、いつでもどこでも気軽に持ち出せる点が嬉しい。手のひらサイズなので、片手で持って操作するのも簡単だ。

バッテリーにはリチウムイオンポリマーを採用し、連続で動作再生をした場合の駆動時間はメーカー公称で約10時間と、旅行やレジャーのお供に持って行っても充電なしでたっぷり動画やウェブを楽しめる。

大きめスマートフォンといったサイズ感

片手で持ちやすいデザインになっている

10インチサイズのタブレットと比較すると小型であることがよく分かる

■鮮やかで美しい有機ELディスプレイ搭載!

REGZA Tablet AT570の最大の特長は、解像度1280×800ドットの7.7インチ有機ELディスプレイだ。

有機ELディスプレイの特長は表示できる色が幅広く、深みのある発色と色彩が際立つ。液晶パネルに比べて応答速度が速いので動画で気になるブレも軽減してくれる。

REGZA Tablet AT570は、従来機と比較して色再現性が約2.2倍、応答速度が約12.5倍、コントラストが約4.25倍と格段に画面の性能が上がっており、高精細で文字が欠けないのはもちろん、動画やゲームでも残像がなく、なめらかなので見やすい。写真や映像が鮮やかでくっきり見られるのも特長だ。

さらに、本体の背面に約500万画素、前面には約200万画素のWebカメラを搭載しているので、SkypeやGトークでのテレビ電話も手軽に利用できる。

OSはAndroid 4.0、CPUにはクアッドコアCPU「Tegra3」を搭載しており、動画閲覧やWebブラウズをする際、ストレスなくキビキビと快適に動作するのも大きなポイントだ。

本体正面。ディスプレイのサイズは約7.7インチ、解像度は1,280×800のWXGA

本体背面。フラットな印象のデザインで持ちやすい。外側カメラも搭載する

内側カメラは本体正面の角に搭載

本体の側面にmicroSDカードスロット、microUSB端子、3.5mmイヤホンジャック、各種キーなどを搭載

Androidのバージョンは4.0.3で、画面構成はタブレット向けの2カラム表示

■まとめ
2012年の東芝のREGZA Tabletは、液晶テレビ「REGZA」で培った高い映像技術や、ノートPC「dynabook」のサウンド技術を採用することにより、東芝ならではの高画質・高音質を実現したタブレット製品となっている。

REGZA Tablet AT570は、文庫本2冊程度の軽さなので片手で気軽に持ち運べ、有機ELの鮮やかな色彩や、高い応答速度により、YouTubeやHuluなど様々な動画配信サービスを快適に閲覧できるのはもちろん、家庭の液晶テレビレグザや、レグザブルーレイ、レグザサーバーと連携して録画した番組や放送中の番組を自宅の好きな場所で楽しむこともできる。

自宅のテレビがレグザの人はもちろん、自宅でも出先でも動画を美しく快適に見たい人におすすめのタブレットと言っていいだろう。7インチサイズのタブレットとしは、かなりハイスペックなモデルといえる。

■主な特徴
CPU:NVIDIA Tegra 3/1.30GHz クアッドコア
OS:Android 4.0
メモリ:RAM 1GB ROM 32/64GB
ディスプレイ:約 7.7インチ/横 1280ドット×縦 800ドット、WXGA/有機EL
カメラ:CMOSカメラ 約500万/200万画素
サイズ:幅 約 204.5mm×奥行 約 135.2mm×高さ 7.9mm
質量:約 332g

■REGZA Tablet AT570
■東芝

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook