千葉・幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル」に姿を現した巨大ロボット『クラタス』
週プレNEWS

巨大ロボットが実現するのは先の話……なんて思ってたらすでに完成していた?

そのロボットの名は「クラタス」。二足歩行ではないものの、人が搭乗して操縦できる正真正銘の巨大ロボットなのだ!

去る7月29日、「クラタス」が初公開されたガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル」に駆けつけた週プレ取材班は圧倒された。全高約4m・重量約4tの機体は、イデオンのように100m超ある非現実的な大きさではない分、眼前にあるとそのミリタリーテイストなロボットとしてのリアリティがハンパなく実感できるのである!

約30の関節が油圧駆動し、タイヤ付きの4本脚で走行可能。会場では女性パイロットがコックピットに乗り込み、腕を動かすといったデモンストレーションを行ない、集まった数百人の見物客は歓声を上げまくり! ついに時代がここまできたか!

しかも開発から制作まで、たったふたりでほぼ作り上げたというから驚きだ。そこで制作チーム「水道橋重工」の中心人物、倉田光吾郎氏と吉崎航氏に緊急インタビューを敢行した!

倉田「04年ぐらいに1/1スケールの『スコープドッグ』(鉄製立像)を作り、続いて時速200キロでサッカーボールを蹴飛ばすことができる『カストロール1号』を開発したことで、その両方の技術を合わせれば巨大ロボも作れるのではと思ったんです。電気系統について多少知っていましたので、当初はすべてひとりで作ろうと考えて制作を始めました」

たったひとりでスタート?

しかし、やはり途中でいくつもの壁にぶち当たったそうだ。

倉田「強度や運動性能について参考にできるものが少なかったので、ひたすらトライアンドエラーの繰り返しでしたね。それに僕に制御系の知識がゼロだったため、操縦するのに大量のスイッチ操作が必要で、現実問題として指が何本あっても足りないほど超複雑な操作方法になるところだったんですよ」

その問題を解決したのが吉崎氏の人型ロボット用・演技指導ソフトウェア「V-Sido(ブシドー)」だった!

吉崎「飲み屋で倉田さんに『オレの巨大ロボ、制御しない?』って口説かれたんです(笑)。私は『パトレイバー』が好きで、巨大ロボットが社会の役に立つような世界に憧れていたので、じゃあ一緒に作りましょうと。まず『V-Sido』をクラタスに導入し、回路の設計や油圧制御のプログラムを開発することなどが僕の役割でした」

「V-Sido」のおかげで、操縦桿で動かせるぐらい操作が簡単になったそうですね?

吉崎「操縦桿のほかにもタッチパネル操作、iPhone操作も可能で、いずれも決して複雑ではないです。『ガンダム』のアムロ・レイしかり、ロボットアニメの主人公は初搭乗でも割とすぐに操縦できますよね。でもあれはセンスもあるでしょうが、やはりシンプルな操作システムがあったおかげだと思うんです。だから私も誰にでも操縦できる直感的な操作を強く意識しました」

そんなクラタス、量産ベースで開発されていて、なんと販売の受注も開始されているのだ!

倉田「価格は日本円にして約1億円。受注開始から1ヵ月ほどの段階ですでにオーダーは3000件を超えていて、アメリカ、イギリス、韓国、中国などさまざまな国のメディアから取材依頼が殺到している状態。うれしい悲鳴とは、このことですね」

1億円は安くはない金額だけど、今は巨大ロボットが買える時代がついに到来したという事実を素直に喜びたい!

(取材・文/昌谷大介 牛嶋健 照井琢磨 武松佑季[A4studio])

●倉田光吾郎(くらた・こうごろう)


1973年生まれ、東京都出身。『装甲騎兵ボトムズ』に登場するスコープドッグの原寸大立像を創り上げたアーティスト。活動に集中するため山梨県内にアトリエを構え、現在、同県に移住

●吉崎航(よしざき・わたる)


1985年生まれ、山口県出身。クラタスにも使われている人型ロボット用の演技指導ソフト「V-Sido」の開発者。産業技術総合研究所スタッフで奈良先端大学の博士課程学生でもある

 

全文を表示