ニコニコニュース オリジナル

kenketsu 2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」。被災者を支援しようと、翌12日には多くの人が各地の献血ルームを訪れた。献血ルームのひとつ福岡県「ハッピークロス イムズ」では普段の2倍強の人が訪れ、献血まで2時間以上待つ人もいたという。Twitter上では「献血しに行ってきた」や「1時間待ちだった」といったツイートが数多く見られた。

 一方で、新宿東口献血ルームがTwitterで、

「本日(12日)は大変混み合っています。今日ご協力の血液は同じ日に有効期限を迎えます。どうか平日の血小板献血にご協力を!」

 と呼びかけるなど、別の日に献血するよう促すツイートも数多くみられた。一体、どうすれば「意味のある」献血ができるのだろうか。

 献血を手がける日本赤十字社の広報・溜渕氏は、「一度に献血するのではなく、時期をずらしたほうが良いです」と語る。献血には3種類があり、その有効期限は赤血球が21日、血小板が4日、血漿(けっしょう)は凍結保存で1年。中でも、今回の震災では有効期限の短い血小板が多く必要といい、

「復旧には長期間かかることが見込まれているので、一度に多くの方に献血をいただくことより、継続したご協力をお願いしたい」

 と語った。

■赤十字社の呼びかけに注意して

 被災地では、献血ルーム自体も被害を受けている可能性があり、東北地方では12日に献血が行われなかった。現地でまかなえない分は他の地域から補う必要がある。

 溜渕氏によれば、各都道府県にある日本赤十字社の血液センターでは、公式サイトに必要な血液の情報を掲載したり、各献血ルームの前で呼びかけを行ったりしているという。こうした情報に目を通し、日本全国でコンスタントに献血を行っていくことが、今回の震災に限らず、多くの人命を救うために役立つといえそうだ。

新宿東口献血ルームのツイッター 献血ルームからの情報がチェックできる

(野吟りん)

【関連記事】
災害情報まとめページ
東北地方太平洋沖地震 日本各地で強い揺れ、余震続く
NHK・フジテレビの「地震特番」 ニコ生でも配信
全文を表示