ニコニコニュース オリジナル

tada.jpg 「今、本当に必要な鶴を被災地へ」――グラビアアイドルの多田あさみさんは、東北地方太平洋沖地震の被災者のために「大人の千羽鶴」という支援をすることを自身のブログで呼びかけた。

 「大人の千羽鶴」という呼び方は、旧千円札の裏面に"鶴"が描かれていることによる。災害時などで折り紙の千羽鶴を送るという活動がされることにちなみ、千円を募金して被災地の支援をしようという試みだ。多田さんは「一人じゃこの千羽鶴はできませんが、みんなで力を合わせればきっと千羽以上になるはず。(中略)大人の千羽鶴始めましょ」とブログで募金を呼びかけた。

 多田さんのこの呼びかけに対して、インターネットでは「感動した」「私も鶴を飛ばします」と共感する反応が数多く寄せられている。本件について多田さんに取材を行ったところ、以下のように答えてくれた。

「最初は、ほんの小さなブログの記事のタイトルでしかなかった『大人の千羽鶴』という言葉が、多くの人の目に触れるニュースとなり、もはや一つの支援活動となることができました。こうして増えた沢山の千羽鶴が、被災された方々の生活の一日でも早い復旧の手助けとなることをお祈り申し上げます」

※追記(2011.3.15)
多田あさみさんご本人にブログで本記事の紹介をして頂けました。
http://ameblo.jp/tada-asami/entry-10831400515.html

【関連サイト】
あさみっくす。 多田あさみオフィシャルブログ
@asami_tada 多田あさみ公式Twitterアカウント

野々村美緒

関連記事
日本に手をさしのべよう――米国のインターネット展示会で広がる支援の輪
地震関連情報リンク集
震災で献血増えるも血液に有効期限 「一度に多く」より「継続して」
全文を表示