ITライフハック

デジタルカメラの記録メディアとして一般的なSDカードや携帯やスマホの外部ストレージとして一般的なmicroSDカードは、普及が進んだことで低価格化しつつも大容量化してきた。

ただ、日々記録されるデータ量も増大しており、デジタル一眼レフでは1800万画素を超え2000万画素に迫りつつあるし、コンデジでも1600万画素を超え、携帯やスマホに搭載されるカメラも1000万画素を超えるなど写真一枚のデーター容量が考えられないほど大きくなってきている。これに併せて大容量記録メディアの必要性も高まってきた。

ことデジタルカメラに関して言えば、メディアへの書き込み速度で動きの速い被写体の連写やオートブラケット撮影時に、記録できる枚数が変化するため、Class 10といった高速書き込みに対応しているメディアが必要になる。そういうメディアは「有名ブランド製」「Class 10対応」「大容量」といった言葉が付いており価格も一気に跳ね上がってしまう。
容量32GBでも、ブランドや仕様の違いで1,500円〜4,000円、プロ向けなら7,500円といった価格の幅がある。「ノーブランドの保証なし、けれども某有名メーカーと中身は同じ!」といったメディアも激安で販売されているが、こうしたメディアを購入するのはイチかバチかのギャンブルになってしまう。

「できればきちんと動作するメディアを買いたい。」と考えている人に朗報だ。レキサーが本日よりAmazonにて発売を開始したSDカードおよびmicroSDだが、Amazonの簡易包装である「Amazonフラストレーションフリーパッケージ(FPP)」版に限って、通常の価格より最大83%オフで購入できるようになっている。

販売されるのは「Lexar プラチナII 200倍速」SDHCの16GBと32GB、64GBのSDXC(Class10/UHS-I対応)、「Lexar micro SDHC High-Speed」シリーズ(Class10対応)の16GBと32GBの5製品だ。


非常にシンプルな梱包で届くが中身が変わっているというわけではない。むしろ余計なパッケージがない分、環境にも優しい、さらに価格が割安なのだから、信頼のおける記録メディアを購入しようと考えている人にオススメしたい。

■価格例
◆200倍速SDHCカード16GB
・レキサーダイレクト:5480円
・amazon FFP    :918円

◆200倍速SDHCカード32GB
レキサーダイレクト:9979円
amazon FFP    :1720円



全文を表示