ibaraki 東日本大震災茨城県内にも大きな跡を残した。被害2011年3月15日8時現在で、死亡19名、重傷35名、建物では全壊181棟、半壊917棟など甚大なものになっている。そんな中、茨城では14日夕方より東京電力の計画停電が実施された。これには橋本茨城県知事が「被災地にも関わらず、なぜ一番先に計画停電の対に選ばれたのか、極めて疑問」と遺憾の意を表明。15日には計画停電の対地域から外されたが、震災の影で1万0,257棟(15日時点)が停電したままだ。Twitter上での情報を集積するサイトSAVE IBARAKI」では、「食料不足・情報不足で困っています」「一切報道されず、しまいには計画停電に」と悲鳴のようなつぶやきが寄せられた。

鹿など「日常生活も厳しい状態」

 被害が特に大きい沿部にある鹿では300名、鉾田269名が避難生活を送っており、全域で断状態。路面起、液状化などで道路も各所で寸断されている上、まだ停電している地域も多い。

 この地域を本拠地とするサッカーチーム鹿島アントラーズは、スタジアムが損壊、トップチームメンバーチーム)の活動休止を決断することになった。同チームの広報担当課長小西さんは、

「断していますから、選手も入浴できず、トイレに行っても流せない。洗濯もできないので練習不可能です。特にガソリンが不足している現状では、社会鹿では日常生活も厳しい」

と、苦渋の選択に至った経緯をった。

小笠原選手も悲痛「今はもが生きていくことで精いっぱい」

 元日本代表で同チームキャプテン小笠原満男選手が「衝撃映像がない限り、なかなかテレビ報道されない」と話すように、茨城には地元テレビ局がなく、NHK水戸放送局があるだけ。放送局と鹿50km以上離れており、取材に向かうのは難しいという。

 被災地岩手県出身でもある小笠原選手は「(盛岡市に住む)自分の家族事だったけど、(高校時代を過ごした)大船渡市の知り合いの消息はほとんど分かっていない。テレビでは理だとしても、インターネットなどでもっと被災地情報が得られるようにならないでしょうか」と話す。小笠原選手はまた、

サッカーをすることで皆さんに元気を与えるのが自分の仕事だとは思うけど、今のところはそういうコメントをする気にはならない。今はもが生きていくことで精いっぱいだと思う。岩手の人にも茨城の人にも、その他の被災者の方にも、とにかく頑って耐えてほしいと思っています」

と、コメントしている。

ふじいりょう

【関連記事】
福島第1原発の周囲20キロから30キロ圏内の住民に屋内待機呼びかけ
「目の高さ」から撮った被災地の映像 ジャーナリスト・神保哲生氏がウェブ上で公開就職活動の最先端
東日本大震災に関するツイートをお寄せください