日高里菜
芸能ニュースラウンジ

 『ガールフレンド(仮)×ミュ~コミプラス 豪華声優出演!!「耳で萌える」公開無料イベント@秋葉原★』が9日、東京・秋葉原で開かれ、声優の櫻井明音役・佐藤利奈、姫島木乃子役・水橋かおり、村上文緒役・名塚佳織、柊真琴役・荒川美穂、望月エレナ役・原田ひとみ、優木苗役・日高里菜、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記が登場した。

 株式会社サイバーエージェントがスマートフォン向けコミュニティ&ゲームSNS『Ameba』内でオリジナルのスマートフォン向けゲームとして、2012年10月29日より提供開始している総勢60名以上の声優が出演する学園カードゲーム『ガールフレンド(仮)』。かつて自分の背中を押してくれた女の子を探すため、女の子の力を借りながら最強のモテ男子を目指すことが目的。吉田アナがパーソナリティを務める『ミュ~コミプラス』(月~木曜・深夜0時~)とコラボし、公開でのイベントとなった。

 『ミュ~コミ』リスナーが会場に多数詰めかけているのか、携帯のツイッターで情報などを確認するファンがちらほら。そんな中、キャラの声で役柄を表現した自己紹介で6人が現れると、寒さも吹き飛ばすような歓声が場内を包んだ。

 櫻井に合わせてポニーテールにした佐藤や、原田は演じている望月が生き写しになったかのような設定になっていることに、「よくグラビアの女の子の写真とかブログを巡回しているので」と、女の子好きの共通点を明かし盛り上げる。

 中盤では、普段はそろって掛け合いのすることのないキャラクターたちがファンを目の前に学園の一日を演じたショートボイスドラマ『放課後の一コマ』が展開。荒川が同じ事務所の佐藤にアドリブで事務所ネタを投げたりと聞きどころ満載なものに。さらには、原田が台本を超越し、突っつくという設定の部分で本当に水橋を突っつき、水橋が一瞬困る素のリアクションを見せるなど、公開ならではの暴走気味だ。

 その原田の“暴走“から全員アクティブになりつつ、「この声優に言ってもらいたいセリフ」と称した、『ミュ~コミ』の名物コーナーな『変態音響監督』へ。吉田アナが「みんなの変態玉を寄せ集めたのがこのコーナーです」というだけあり、水橋が自身のキャラのパネルの後ろからアテレコしたり、荒川が原田の目の前に行って、告白チックなセリフを読み上げ、原田が嬉しすぎたのか「何も言えないですね」と目を輝かせる様子を見せるなど、目で見ても楽しいライブ的なものに。キャラと世界観は固定しつつ、設定の細かい6人の演技に、セリフが終わるごとに拍手が止むことはかった。

 会場の盛り上がりに、予定より1時間近く伸びることとなったが、佐藤が、「あっという間でした」と、感想を漏らせば、原田は、「大好きな女の子と一緒になってやれて、やらかすかと事務所問題に発展するかもと思っていましたけど、声優をやっててよかったなって」と、大満足な様子。水橋は「ゲームは夢のような企画ですし、願わくばキャラが動いている姿を観てみたいなと。今度何かあればみなさんのおかげだなと思います」と“アニメ化”を望んでいるようだった。

 なお、この模様は後日『ミュ~コミプラス』でも公開予定となっている。

 ■『ガールフレンド(仮)』出演声優(10月26日時点)
 戸松遥、寿美菜子、高垣彩陽、豊崎愛生、佐藤聡美、堀江由衣、佐藤利奈、白石涼子、伊藤かな恵、広橋涼、米澤円、原紗友里、豊口めぐみ、後藤沙緒里、大久保瑠美、下屋則子、阿澄佳奈、加藤英美里、茅野愛衣、悠木碧、門脇舞以、日高里菜、水橋かおり、高橋美佳子、内田真礼、佐倉綾音、原田ひとみ、金元寿子、荒川美穂、名塚佳織、儀武ゆう子、斎藤桃子、村田知沙、小清水亜美、遠藤綾、小林ゆう、今井麻美、大坪由佳、南里侑香、竹達彩奈、伊藤静、上坂すみれ、丹下桜、渡邉優衣、丸塚香奈、吉岡沙知、後藤香織、斎藤楓子、山口立花子、森崎美穂、内田彩、楠浩子、楠田亜衣奈、内田愛美、羅弘美、東城日沙子、桑門そら、阿部玲子、田村奈央、森島亜梨紗ほか

 ※後日、写真追加予定

[画像]

全文を表示