国際連合(以下、国連)は2011年4月1日、東日本大震災で甚大な被害を受けた日本に向け、ニコニコ動画を通してメッセージを発表した。メッセージ動画では、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長をはじめとし、国連ピース・メッセンジャーである五嶋みどり氏(バイオリニスト)、マイケル・ダグラス氏(俳優・プロデューサー)、スティービー・ワンダー氏(作詞家・ミュージシャン)、フィリヤル王女(ユネスコ親善大使、ヨルダン国王室)が「We are standing by your side(私たちは日本の皆様と共にいます)」といった温かい言葉を投げかけている。

 これまでにも国連は3月11日の潘事務総長の声明発表を皮切りに、国連災害評価調整チーム(UNDAC)の派遣や国際原子力機関(IAEA)をはじめとする国連諸機関を通した各種の援助を展開するなど、日本の復興支援に尽力している。

 メッセージ動画で潘事務総長は、東日本大震災による地震、津波、原発事故の被害を被っている日本に向けて、

「日本は、決して一人ぼっちではありません。3月11日の大災害から日本が力強く立ち上がることを、私を含めた世界中の人々が心から願っております。私たちは常に日本の皆様と共にいます」

と"日本語"でのメッセージを寄せた。

 なお、潘事務総長をはじめ、国連ピース・メッセンジャーである五嶋みどり氏(バイオリニスト)、マイケル・ダグラス氏(俳優・プロデューサー)、スティービー・ワンダー氏(作詞家・ミュージシャン)、フィリヤル王女(ユネスコ親善大使、ヨルダン国王室)のメッセージ動画は以下から視聴できる。






【関連サイト】
United Nations 国際連合公式サイト
国連事務総長からのビデオ・メッセージ 国際連合広報センター
国連ピース・メッセンジャーからのビデオ・メッセージ 国際連合広報センター

(三好尚紀)

【関連記事】
「自然災害に絶望する必要ない」 宮崎駿、東日本大震災を語る
「日本人は"違う"のか?」 震災から分析する"日本人像"
屁の突っ張りはいらんですよ! 声優・神谷明、被災者に向け「友情パワーで頑張ろう」
全文を表示