ニコニコニュース オリジナル

uesugi.jpg フリージャーナリストとして活躍する上杉隆氏は2011年4月1日夜、ニコニコ動画で生放送された「ニコニコニュース東日本大震​​災特番」に出演。同日にジャーナリストとしての無期限活動休止を発表していた件について、「世界標準の言論の自由がある場所でなければ、そこで仕事をする必要はない」と改めて活動休止を明言した。

 上杉氏はテレビ局勤務、衆議院公設秘書、ニューヨークタイムズ東京支局取材記者を経て、現在は「フリーランス」として活躍するジャーナリスト。大手メディア(記者クラブ)以外には閉鎖的である日本の会見の「オープン化」を訴えている。しかし、2011年4月1日に自身のブログで「フェアな仕事のできない日本のメディアに関わることは(中略)犯罪に加担していると疑われる」とし、「ジャーナリスト無期限活動休止宣言」をしていた。

 休止の宣言をしたのがエイプリルフール(4月1日)であったこともあり、同日に出演した番組の視聴者からは、上杉氏の同宣言撤回を期待するコメントも寄せられていた。しかし、上杉氏の意思は固く、震災後という緊急事態であっても会見のオープン化をしない大手メディア(記者クラブ)と政府の対応に「無力感があった」といい、「もし会見のオープン化が実現できていれば、海外などからたくさんの情報が入り、震災からもっと多くの人を救えたかもしれなかった」「世界標準の言論の自由がある場所でなければ、そこで仕事をする必要はない」と語った。

 また、「記者クラブに睨まれている自分がいることで、多くのフリージャーナリストたちが活躍する場を、"逆に"奪っているかもしれない」として、改めて活動休止を明言。今後は今年12月31日をもってジャーナリストとしての活動を休止、その後は「何をやるか未定」と前置きをしたものの、ジャーナリストを育てる「ジャーナリストスクール」、ジャーナリストの活動を金銭面から支援する「ジャーナリストファンド」を作る構想があることを明かした。

 番組の終盤では、同じジャーナリストとして活動する「同胞」でもあるメディアジャーナリストの津田大介氏が「ニコニコ動画でジャーナリストスクール、例えば『ニコジャー教師』をやってみてはどうか」と提案。これに対して、上杉氏は満更ではない笑顔を見せていた。

【関連サイト】
無期限活動休止のおしらせ 上杉隆公式ウェブサイト
@uesugitakashi 上杉隆公式Twitter

ニコニコニュース東日本大震​​災特番「情報は隠されているの​か?」
「上杉隆氏『ジャーナリスト活動休止』改めて明言」部分より再生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45153681#1:34:55
(番組はタイムシフト機能で2011年4月8日まで視聴できる)

丹羽一臣

【関連記事】
「都条例」どうなる? 東京都知事選、告示日直前に公開討論会
地震で露呈した「官邸記者会見」の閉鎖性
上杉隆氏「記者会見を開くにはお金がかかる」
全文を表示